母めしとは?

「母めし」は、茶碗によそったご飯と味噌汁、そして日本の基本調味料で味付けしたおかずを、お箸でいただく食事スタイル。和食の調理法と、伝統的な調味料を基本とした、シンプルな味付け。旬の野菜を多用し、栄養バランスにも優れています。何より滋味深く、ホッとする懐かしいごはんです。

名前の「母」は「母なる大地」から。どなたが作っても「母めし」です。エネルギーいっぱいの食材たちが、今日を生きることを応援してくれている。そんな気持ちをこめています。


「母めし」の持つ魅力

四季折々の食材が持つ力

日本には四季折々の季節があります。その豊かで、厳しい自然を生き抜いてきた食材には、生命力があります。そして、なんといっても美味しい!「母めし」では、そんな旬の野菜を多く使います。肉や魚、卵といった良質な動物性タンパク質も使いますが、主役は野菜といってもいいほど。それでも、野菜の風味と、食材の組合せ方で満足感は十分。総合的に不足しやすいビタミンやミネラル、そして繊維質も補給しやすい献立となります。このように、自然と体にも家計にも優しい料理が作れるのも魅力です。

伝統的な調味料の力

雨が多く、湿度が高い日本では発酵調味料が多く作られてきました。つまり味噌や醤油、酒、酢、酒、みりんといったものです。加える順番のヒントとして、「さ(砂糖)、し(塩)、す(酢)、せ(醤油)、そ(味噌)」と呼ぶのも聞いたことがあるかもしれません。これら伝統的な調味料は、ただ味を調えるだけでなく、臭味を消して風味を加えてくれたり、味に奥行を与えるのが得意です。もちろん、日本の風土で育った食材とも相性抜群。例えば、つける、かける、といったシンプルな味わい方でも、十分に素材の味を引き出し、日々美味しく体を整えてくれます。

「いただきます」と「ごちそうさま」

日本では、食べる前に「いただきます」、食べ終わったら「ごちそうさまでした」と手をあわせる習慣があります。料理を作ってくれた人、食材を育てたり収穫してくれた人、そしてこの自然に、いただく命に想いを巡らせ、感謝する、素敵な食文化です。「母めし」では、この受け継がれる感謝の精神も、食事と一緒に大切に伝えていきたいと考えています。


母めし研究所の活動

「母めし研究所」とは?

時代にあった「日々のごはん作りの軸」を目指して、和食の知恵を、改めて実験・検証しています。オンラインでは、調理のヒントや、眺めているうちに作って食べたくなるようなコンテンツを発信中です!

instagram:クイックレシピや「母めし紹介」動画など
facebook:「母めし研究所」の活動お知らせ
youtube:「母めし紹介」動画など
note:レシピや豆知識などの読みもの

レシピ本

うちにある、いつもの野菜と調味料でつくれます。母めし食堂で人気だったメニューも満載。毎日の食卓のヒントにどうぞ。

※現在、紙版の在庫がない書店もあるようです。電子書籍もよろしくお願いします。(2021年2月現在)


PAGE TOP
MENU